第41回日本美容外科学会総会

会長挨拶

第41回日本美容外科学会総会
会長 朝戸 裕貴
(獨協医科大学形成外科学 教授)

このたび、2018年10月25日(木曜日)26日(金曜日)の2日間TKPガーデンシティ品川において第41回日本美容外科学会(JSAPS)総会を開催させていただきます。開催にあたりまして関係各位におかれましては様々なご指導ご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。

現在日本専門医機構による新しい専門医制度が動き出しています。これはすべての医学の領域にわたる改革で、医師は初期臨床研修終了後いずれかの基本領域(内科、外科、形成外科など)の専門医を取得し、それからサブスペシャルティの専門医を取得する、というキャリアを積むこととなります。本学会(JSAPS)は日本形成外科学会と協力して、本学会の専門医制度が形成外科のサブスペシャルティ専門医として機構の認定を得るよう、制度の改変を行っているところであります。

そのような状況から、今回の総会のテーマを「美容外科新時代への挑戦」とさせていただきました。美容外科がより一般的な診療科として発展していく新時代が必ずやってくる、という思いのもとに、ISAPS特別企画、日韓MOU特別シンポジウム、招待講演、教育講演を企画しています。また医療倫理と感染対策の専門医共通講習も企画いたしました。多くの会員の皆様にご参加いただけますよう、スタッフ一同お待ち申し上げます。

このサイトについて|Copyright © 第41回日本美容外科学会総会 All Rights Reserved.